平成26年度の雇用保険料率は据え置き
ホーム > 平成26年度の雇用保険料率は据え置き

平成26年度の雇用保険料率は据え置き

2014年02月06日(木)9:39 AM
東京・池袋の社会保険労務士/人事コンサルタント 長友秀樹です。
 
厚生労働省が、今月27日、2014年度の雇用保険料率を告示しました。
 
料率は、一般の事業1.35%、農林水産清酒製造の事業1.55%、建設の事業1.65%で、いずれも前年度の料率をを据え置いています。
 
保険料率の内訳については、以下のとおりとなります。
 
(1)一般事業   1.35% …①+②
   労働者負担分 0.50% …①
   事業主負担分 0.85% …②
          (うち0.35%は雇用保険二事業分)
 
(2)農林水産・清酒製造業 1.55% …①+②
   労働者負担分 0.60% …①
   事業主負担分 0.95% …②
          (うち0.35%は雇用保険二事業分)
 
(3)建設業    1.65% …①+②
   労働者負担分 0.60% …①
   事業主負担分 1.05% …②
            (うち0.45%は雇用保険二事業分)
 
給与計算をご担当されている方におかれましては、来年度の雇用保険料率は変更なし、ということでお願いいたします。
 
今回の記事に関してご質問・ご相談がある場合は、下記のページからどうぞ
↓↓↓


«   |   »