事務所のご案内
ホーム > 事務所のご案内

事務所のご案内

事務所概要

長友社会保険労務士事務所
所在地

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-473 日下ビル2階

スタッフ

4名
 -社会保険労務士 3名

TEL/FAX048-778-7631/048-611-7285
E-mailhnagatomo@nagatomo-office.com

 

■アクセス

JR「大宮駅」西口から徒歩約7分

 

(地図準備中)

 

 

 

お打合せは基本的にこちらからお客様の方へ訪問させていただくスタイルですが、当事務所へのご来所も歓迎いたします。 

■医療へのこだわり

pixta_2245482_S2 長友社会保険労務士事務所がなぜ「医療」にこだわっているのか? 

それは、私のバックボーンにルーツがあります。 

製薬会社のMRなどとして約10年間、病院・クリニックを訪問し、たくさんの医療従事者の方々にお世話になり、人の生命と健康を預かる医療の持つ使命・大切さ・奥深さを知りました。 

その後、社会保険労務士に転身し、医療以外の様々な業種との関わりが増えましたが、人事・労務の経験を積むにつれて、「病院や医科・歯科クリニックで、人事・労務のことでお困りになっている先生方に自分の経験を生かし、医療業界に貢献したい」という想いが強くなり、医療に特化した社労士事務所の設立に至りました。 

また、病院及び医科・歯科クリニックで質の高い人事・労務管理をご提案するには、医療業界の特徴に精通していることが大切ですが、そのような社会保険労務士はまだまだ充足されているとは言えないのが現状です。 

長友社会保険労務士事務所では、こうした医療の現場において、職員の雇用でお困りの病院や医科・歯科クリニックが抱えている「医療のことをよく知っている専門家に相談したい」というニーズに応え、質の高い人事・労務管理をご提供できるよう、「医療」にこだわっているのです。

■病院・クリニックに求められる「人事・労務管理の強化」

pixta_1416733_S_1 少し前までの医療現場では、労働基準法に対して「そんな法律を守っていたら患者さんに適切な医療なんて提供できない」と考える方も多かったのではないでしょうか。 

労働基準法は、昭和22年に憲法27条2項の「賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める」という規定に基づいて制定されたもので、現在まで労働者の権利を守り国民の生活水準の向上に寄与してきました。しかし一方で、その発祥が戦前の工場法であるがため、年々改正が加えられているものの、医療を始めとする現代の多くのサービス業には必ずしもマッチしているとは言えません。 

とはいえ、サービス業での過労死や不当解雇等の労働問題は年々深刻化しており、医療の現場においても「雇用の質・量」双方の不足からくる過重労働や残業代の未払い、職員の問題行動などを原因とした労使トラブルは見過ごすことができない重大な問題となっています。 

一方では、少子高齢化の進展に伴い迫りくる2025年問題を控え、病院・クリニックにとって医療従事者の確保は事業存続が懸る喫緊の課題であり、医業収益の増加が簡単には見込めない社会情勢の中、限られた経営資源をもとに職員に安心して働いてもらえる職場を確保しなければなりません。 

このような厳しい医療経営環境下において、経営者と職員が一体となって患者さんの支持を得られる病院及び医科・歯科クリニックであり続けるためには、人事・労務管理の成否がその鍵を握ると言っても過言ではありません。 

実際に、当事務所にも「医療に詳しい社労士に当院の人事・労務管理をよくチェックしてほしい」というご要望で、お問い合わせいただくお客様が大変多くなってきております。 

長友社会保険労務士事務所では、病院・クリニック経営の立場に立ち、専門的見地から、コンプライアンスを確保したうえで、職員のモラール向上につながるような人事・労務管理のアドバイスをさせていただきます。

■他士業・コンサルタントとのネットワーク

優秀な公認会計士や税理士達と一緒に仕事をしてまいりましたので、お客様から税務や登記または訴訟など、専門外のご質問やご依頼をいただいた場合には、信頼できる他士業の専門家に相談したり、ご紹介することが可能です。 

また、医療に詳しい士業・コンサルタントとのネットワークを充実させており、M&Aや新規開業、事業再生など、チーム体制でのコンサルティング業務もお引き受けしております。  

チーム体制でのコンサルティングは、「Medioal(メディオール)」という医療専門士業ネットワークを構築して活動しています。

Medioal(メディオール)とは

メディオール医療専門の税理士、社会保険労務士、行政書士、弁護士、FP、経営コンサルタントのネットワークです。 病医院の患者件数、職員定着率、キャッシュフローの安定を目指します。
詳しくはこちら→Medioal(メディオール)公式サイト

経営理念

経営者の悩みを聞き、ともに考え、ともに発展します。

経営者は孤独だと言われますが、

確かに経営者は、株主や関係取引先、自社の従業員やその家族、そしてご自身の家族等、多くの人々に対する責任を負いながら、医業経営にあたっている先生おいては患者様の生命・健康に関わる重大なプレッシャーに曝されながら、事業を永続的に存続・発展させるため、日々格闘されています。

そのような厳しい状況にあるがゆえに、 身近に悩みを相談できる相手はなかなかいません。

そこで、長友社会保険労務士事務所は社会保険労務士として、 「ヒト」という経営の重要な要素に関わる立場にあることを通じ、 お客様にいつでも何でも相談していただける、そんな身近なパートナーとしてお客様の病医院の発展を支援させていただきたいと考えております。

行動ポリシー(お客様への3つのお約束)

○お客様満足を第一とし、常にサービス品質の向上と適正価格の実現に取り組みます。

○お客様のお悩みにとことん付き合い、最適な解決策を導き出すまで、誠心誠意取り組みます。

○お問い合わせを受けたときは必ず当日中に対応し、お客様をお待たせしません。

長友社会保険労務士事務所は、お客様に安心してサービスをお受けしていただくため、3つの行動ポリシーを徹底することをお約束いたします。

定期的かつ迅速な対応・ご訪問を通じて、お客様との良好な意思疎通を図り、お客様の立場に立って、ご満足いただけるまで、誠心誠意、課題の解決に向けて取り組みます。